事例

神戸山手女子中学高等学校

神戸山手女子中学高等学校

高等学校兵庫県

導入時期:2018年10月
教室名:ICT教室

ご紹介するのは、教室のリニューアルに合わせ普通教室をアクティブラーニング教室へと変貌させた、内装含めたトータル提案を行った導入事例となります。 今回の導入をご担当いただいた友恵 悠記先生のこだわりで、パステル調の明るい、パステル調の明るい色が溢れる空間を創りたいというご要望を形にさせていただきました。学校のコンセプト・テーマに合わせたカラーを選択したチェアや、教室の前後に配置された壁面のホワイトボード、組み合わせが自由な組み合わせデスクなど随所にこだわりが見られる、明るく活発な女子校らしさ溢れる空間となっております。

光とカラーが溢れる空間

光とカラーが溢れる空間

大きな採光が確保できる窓がある教室で光が溢れる明るい空間となっています。またこだわりのカラーを選定したチェアは伝統の学年色に合わせ、ピンク、緑、青、紫、赤、黄色となっていて、教室自体を明るく彩っています。床面のデザインもそのカラーに合わせたコーディネートがされています。また、内装のカラーも自然を感じるカラーコーディネートを採用しているため、家具と、内装の親和性が高く統一感のとれた空間となっています。

教室の中間位置に設けられた大型モニタ

教室の中間位置に設けられた大型モニタ

『ICT教室』導入を担当した友恵悠記先生のこだわりで、教室の真ん中の位置には移動可能な大型のディスプレイスタンドがレイアウトされています。授業風景の撮影の際には先生がプログラミングの授業での設定の説明に使用されていて、教室の真ん中に座った生徒さん達の理解を深める助けになっていました。今後は生徒さん自身のプレゼンテーションやグループワークにも活用して欲しいと思っているそうです。

積極的な教え合いを実践

積極的な教え合いを実践

導入後の授業風景を撮影させていただいたところ、導入されたばかりのタブレットを活用する、プログラミング授業の一番最初というタイミングでの撮影となりました。撮影の際には様々な形で組み合わせをされた異形天板型のデスクをグループワークで活用し、教室の至る所で教え合いや、学び合いが行われ、生徒さん同士のコミュニケーションが活性化した笑顔が溢れる授業となっていました。先生の机間巡視もやり易く、困っている生徒さんにもすぐに教える事が出来ていました。

Page Topへ

さあ
はじめてみましょう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しくご説明いたします。

資料請求・導入に関するお問い合わせ