体験者の声

桜花学園高等学校

桜花学園高等学校

高等学校愛知県

導入時期:2020年03月
インタビュー日:2021/11/09
教室名:ESPACE SOFIA(エスパスソフィア)

2021年11月、導入後1年半経過した『ESPACE SOFIA(エスパスソフィア)』、この空間の導入をご担当いただいた市田 圭先生に、この場所を創った狙い、思いを伺いました。インタビューの中にこの場所に対する思い、狙いというモノが分かりやすく詰まっています。その中にはタブレット導入に対する利活用の活性化のヒントがありました。またインタビュー当日にこの教室を情報の授業で使用していた3名の生徒さんに導入後の感想をいただくことが出来ました。実際、この空間の導入に対して現役の学生がどのように考えどのように感じているか生の声を聞いてください。

児童生徒
の声
先生の
教室の
紹介
インタ
ビュー

このスペースを創った狙い

英語科教諭 市田 圭先生

このスペースを創った狙い

このスペースを創ったのは、生徒がもっと自由に意見を交換できる、更には教員と生徒がお互いの枠を超えてディスカッション出来るような空間を創りたかったというのが一番になります。自由度が高くて可動性も高いような空間をイメージして設計させていただきました。生徒一人一人がiPadを持ち、自分の興味・関心をベースとして多様な考え方を吸収できるような学習環境が生まれてきていると思います。だからこそ次は学ぶための空間に注目して、それに適したバリエーション豊かなスペースを提案したいと思った事がこの「ESPACE SOFIA」を設計した理由となります。

普通の教室より意欲が高まります

普通の教室より意欲が高まります

私はいつも使っている教室よりも「ESPACE SOFIA」の方が明るくて解放感もあるので、普段環境を変えて勉強したい時によく使っています。いつもの教室は”THE 教室”という感じですが、「ESPACE SOFIA」の方はカラフルな椅子もあり海外の教室やカフェテリアのような感じがするのでいつもより楽しく勉強したいと思い、意欲が高まるので勉強したいと思います。また、「ESPACE SOFIA」の椅子はほぼ全てが動くようになっているので、いつでもどこにでも移動してどこにいる子にでも教え合いをする事が出来るのでとても使いやすいと思います。

「ESPACE SOFIA」の方が団結力が高まる

「ESPACE SOFIA」の方が団結力が高まる

私達は「ESPACE SOFIA」を社会の情報の時間やグローバルリサーチという国際的な探究の時間で使ったりしています。話し合いが多くなった際にこのスペースを活用すると、椅子を動かして使ったり、ソファの席だったり、カウンターの席だったり、色々なタイプの席があるので皆で話し合いがし易いです。皆の気持ちが「ESPACE SOFIA」に来る事ですごく上がっているので、普通の教室と比較してより団結力が高まると感じています。またプレゼンテーションの回数が増えていると感じます。このスペースでのプレゼンテーションは画面も大きく他の人にも内容が伝わりやすいですし、やっている時もやりがいがあるので発表もし易いと感じています。

成績が良くなるのを実感します

成績が良くなるのを実感します

「ESPACE SOFIA」で勉強した方が成績が良くなると思います。私は一度ここで生物の勉強をしていた時があるのですが、勉強した時のテストの点数は、その時のテストの前のテストと比較しても、10点以上上がっていてとても良い結果になったと思います。「ESPACE SOFIA」はとても使いやすくて便利だと思います。このスペースはフローリングでとてもきれいで、そして日光がとても当たる場所になっていてとても好きです。今は高校2年生なので、高校3年生になるまでには全教室がこのような空間になっていて欲しいと思います。そうすれば皆の成績ももっと良くなると思っています。

児童生徒
の声
先生の
教室の
紹介
インタ
ビュー
Page Topへ

さあ
はじめてみましょう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しくご説明いたします。

資料請求・導入に関するお問い合わせ